ATE SONGS
アルカラ Vo.G 稲村太佑 タイキ!あほか。こんなええもん作れんのに何マイペースにやってねん!って思ってたらこれついに全国発売やねんな。
おお。松浦大樹ついに「ギアセカンド」か!!デニムオンデニムの大三郎も、永遠の21歳えなんも、
元カタカナフィクションズのロンゲも、身長デカ過ぎて顔がいつも遠近法で小さくみえるあいつも
5人が5人とも隠そうにも隠しきれない才能のにじみ出る、いや出過ぎの名作やわーこれは。
てかな気づいてんけれどな、はじめてタイキのステージ観てからもう14年が経つわ。
お互い30代になったな。まだまだ若手やで。最近メシいけてへんからまた行こか。ほなまた対バンしよなー。
Sound Schedule Vo.G 大石昌良 彼と出会ったのは確かそう、1999年の秋くらいだったか。
場所は神戸の三宮阪急西口公園、通称パイ山公園。

当時の僕はまだインディーズのSound Scheduleというバンドで、毎週日曜日その公園から世界へ向けてフライングVを片手に身勝手なタマシイを叫んでいた。
つまりはストリートライブをしていた。
その頃はストリートライブが今ほど台頭してなかったので、その物珍しさから道行く人もよく集まってきてくれて、飛ぶようにデモテープやチラシがハケていった。

その内の一枚のチラシを手にしたのが、高校生の彼だ。
ブレザー姿に雪駄を履いていたのが妙にインパクトに残っている。
1999年くらいのファッションアイテムで言えば、雪駄はわりと流行の最先端。
つまりはイケテルのである。
そんなイケテル奴が自分の音楽をストリートで聴いてチラシを貰いに来てくれるなんて超嬉しい!けど、あんまり顔には出さないでおこう、と精一杯格好つけたことも、本人には言っていないが今ではいい思い出だ。

そんなストリートライブ時代からほどなくして、僕のバンドSound Scheduleは運良くメジャーデビューが決まり東京へ。
離ればなれになりこそしたものの、その後も彼とは何度か交わることになる。
おもに神戸アートハウスの楽屋とか、神戸アートハウスの事務所とか、そういう場所で。

僕はその頃、仕事で東京から神戸に帰って来る度にアートハウスに挨拶に行くのが日課になっていた。
つまりは東京でろくに友達もできずに軽くホームシック気味だった。
そんな僕がアートハウスの事務所などで寂しげにギターを弾いていると、なぜか彼もギターを片手にちょこんと隣に座り、「俺たちそんなに仲良かったっけ?」ってな具合に音が混ざり合いセッションが始まる。
いやいや、まじで。そんなに仲良かったっけ?笑

しかしそのセッションはいつも気持ちよかった。
彼とセッションをしていると、子供の頃に仲間みんなで集まってカブトムシを取りに行くような、そんな気分になった。
そこには青臭い冒険心があった。
まるで音符がカブトムシに見えた。
このまま彼が、こういう心のカタチを保ったまま音楽を続けていってくれたらきっと魔法がかかるのになぁ、とも思った。

それからめっきり彼と会うことも少なくなり、時は流れ流れて2013年。
ようやく彼の新作が出たということで聴いてみた。
魔法がかかっていた。
その内容は冒険心に溢れ、音符はカブトムシのままだった。

『スロウ』。
それでいい。
遅くていい。
自分のペースを保ちながら、ゆっくりと純粋なまま大きくなっていけばいい。

僕は嬉しいのです。
あの時の雪駄の少年が、今もなお僕をカブトムシ採りに連れて行ってくれることが。
そのペースを保ってくれてありがとう。
いろんなシガラミや横槍や憧れがあったでしょう。
きっと悩みもしたはず。

でも僕はスロウがスロウで良かった。

太鼓判を押して、この一枚をオススメします。
個人的には「anytime blue」と「リプレイ」が好きかな。
思い出話に花を咲かせてしまいましたが、肝心の音楽の内容的なことを言うとmaroon5やJason Mraz、あとBorn Crainとか好きな人は超絶にハマる一枚かと。
是非一度聴いてみてください!
ABSTRACT MASH/Nothing's Carved In Stone Vo.G 村松拓 普遍のグッドメロディ。普遍のグッドミュージック。
それを「スロウさん」たちが歌ってるからこそ信じられる音楽だと思いました。
つーか良い声で俺的には勘弁して欲しいな。早く売れるかやめるかして下さい。
あっでも急ぎは無理だったね。スロウだしね~。
いやほんといつまでも揺蕩ってたいっす。マジで。美しいです。
DEPAPEPE 三浦拓也 New Album「ATE SONGS」リリースおめでとうございます!!
スロウこと大樹さんは同じ高校出身。当時から歌はもちろんのこと、作るオリジナル楽曲がめちゃかっこよくて憧れの先輩でした!!
一緒のバンドでギターを弾かせてもらった事はいい思い出です。
そんな大樹さんの新しいアルバム。どんな楽曲が入っているのかと楽しみにしながら再生してみると・・・
まず一曲目の「リプレイ」からいきなり心わしづかみにされてしまいました。
ラストの「zhivago」まであっという間に聴いてしまいます。
ポップでかっこいい!!曲を聴いていると次はライブが観たくてウズウズしてきます。

そんな素敵な楽曲が詰め込まれた「ATE SONGS」もう全部良い!!
このアルバムを聴き込んで、みんなでライブに行きましょー!!
DEPAPEPE 徳岡慶也 ATE SONGS かっこよい!!かなりいいですね!
僕が通っている楽器屋、リードマンで横山さんとは出会いました。
横山さんがリペアをしながら、時折弾くギタープレイに聴き惚れた記憶があります。
そんなギタープレイも沢山詰まったアルバム。
参考にさせてもらいます!笑
国吉亜耶子and西川真吾Duo Vo.Pf 国吉亜耶子 朝も昼も夜も、
その合間に訪れる曖昧な時間さえも、
二度と無い大切な時間なんだって、
このCDを聴いていたら
スロウのライブを思い出して、
今まで共に過ごした時間に、
「ありがとう」と心の底から思いました。